ようこそ、ゲストさま

紋屋井関 御寮織袋帯 唐草紋 オール込220000円

紋屋井関 御寮織袋帯 唐草紋 オール込220000円
紋屋井関 御寮織袋帯 唐草紋 オール込220000円
紋屋井関 御寮織袋帯 唐草紋 オール込220000円
紋屋井関 御寮織袋帯 唐草紋 オール込220000円
紋屋井関 御寮織袋帯 唐草紋 オール込220000円

紋屋井関袋帯


1200年前の平安京の誕生以来、宮廷織物師たちによって育まれた西陣織。
その中でも特に「紋屋井関」の名で呼ばれていた井関家は西陣紋織り創始者を遠祖に持ち、室町時代の末期、御寮織物司として任命された六家のひとつ。
御寮織物司は公家高倉家 、山科家の両家を通じて、禁裏の装束や公家装束、将軍、大名などの衣装を江戸末期まで織り続けました。
明治に入り、将軍家は消え、天皇家は東京に移り、「御寮織物司」という制度もなくなりましたが、紋屋井関は西陣の地に残り、その伝統を現代に引き継いでおります。
御寮織、その全てが手織であることはもちろん、一人の職人が織こなすようになるまでは20年の修練が必要です。
また御寮織の価値を高める要素のひとつに素材の贅沢さがあります。
プラチナ、本焼金糸、本金糸、本金箔、銀箔など熟練した技術と厳しい眼をもつ工藝士によって作られ特に吟味された最高級の素材で確かな腕が作り出す逸品ー優れた技術と意匠の集大成が御寮織なのです。
井関家初代、井関七右衛文宗鱗が、わが国で初めて紋織物を空引機によって織り上げてから四百余年。
紋屋井関は西陣の頂点にたつ御寮織物司として最高の技術と意匠伝えています
その歴史と実績に裏付けられた名門の匠が織りあげた御寮織は、驚くほどしなやかで軽やか。
その織り味は、超極細の14中生糸を使用して、極薄の羽衣のように織り上げられました。

初期枯れ金引箔にて織り出された1本は御寮織最高クラスの逸品、芸術的な色合い、さらに軽い仕上がりは井関ならではの技法、唐草文六通代々コレクトいただければ幸いです。

〔品質〕
◆西陣織工業組合品質表示証紙 1318番
◆メーカー:紋屋井関  謹製
◆生地:絹56%和紙他 
■幅:約31センチ
■長さ:約440センチ(未仕立)
■色柄:枯れ金・深緑引箔 唐草文

綿芯仕立て・送料・消費税込価格です。

袋帯名古屋帯西陣帯,アンティーク帯,中古帯を専門に扱う京都室町帯匠洛都です。
高級帯を格安にて販売しております。

袋帯 名古屋帯 アンティーク帯 リサイクル帯の帯匠洛都トップページはこちら
  • オススメ

紋屋井関 御寮織袋帯 唐草紋 オール込220000円

天文19年創業 井関七右衛門宗麟 紋屋井関の御寮織袋帯

¥220,000 (税込)
数量:
生地
絹56%和紙他
約31センチ前後
長さ
約435センチ前後
色柄
枯れ金・深緑引箔 唐草文

同じカテゴリーの商品Category

織元から探すMaker

シーンから探すSeen

  • フォーマル帯 セミフォーマル

    フォーマル帯 セミフォーマル
    格調高い文様・二重太鼓・金銀白地などで華麗豪華袋帯
  • お茶席

    お茶席
    格調高い古典文様・唐織・錦など重厚感のある光らない地のもの
  • パーテイー

    パーテイー
    光る素材もOk、物語性・季節感のある文様で。洋服感覚の色合わせも。
  • しゃれ帯

    しゃれ帯
    織・染め、自由な発想で。